校章 神奈川県立海老名高等学校   海老名高校正面写真

ワンダーフォーゲル部 山行
(2016年度・春)


【 ワンダーフォーゲル部活動紹介 】
2016年度は1年生7人2年生12人の計19人で、”自由に楽しむ”スピリットを持って活動してきました。登山技能や山岳料理を学び、 絶景と達成感を求めて大自然を相手に山行に挑んでいます。丹沢、箱根を中心に秩父、多摩、山梨を中心に活動し、夏合宿では日本アルプス等 でもテント泊に挑戦しています。男女仲良く楽しんでます!

※ワンダーフォーゲル(Wandervogel)とは、ドイツ語で「渡り鳥」のこと。一般的にはカール・フィッシャーらがはじめた青少年による野外 活動そのものか、それを元にする野外活動を率先して行おうとする運動を指します。その思想の一部を受け、日本でも(主に)大学のクラブ・ サークル活動の一環として野外活動を主とする部活動が発展しました。これらの活動もワンダーフォーゲルと呼び、ワンゲルと略したりします。




4月 大山(東丹沢)

新年度最初の山行は新入生歓迎山行です。好天候の中、地元丹沢の大山を登りました。


 



5月 大菩薩嶺(山梨県)

新年度初の2,000m級、大菩薩嶺への山行は夏合宿へ向けて高地環境を体感することを目的に行いました。山頂ではキツネが出迎えてくれました。


 



6月 塔ノ岳・鍋割山(東丹沢)

新入生最初の難関、通称”バカ尾根”を登って塔ノ岳、そして鍋割山から松田町の寄へ抜けました。ひたすら登りが続くバカ尾根は本当にバカでした。


▲ページの先頭へ

前のページにもどる